使わない部屋

寒さの中にも、陽射しのまぶしさに春の季節を感じる月となりました。

分厚い上着に冬の間じゅう隠れていた自分自身、あるいはあたためておいた思いにも気づくことがあるかもしれない、そんな2月です。

 

こんな季節に似合う花、桃子という名の女性が登場する作品を今日はひとつ。

向田邦子さんの短編小説に「胡桃の部屋」という作品があります。

仕事人間だった父親がある朝ぷつんと糸が切れたように家を出た後、ばらばらになりそうな家族のために長女・桃子が、いざ獅子奮迅勇ましく父親役を買って出る、ちょっと可笑しく、ちょっと悲しく、ほろ苦い昭和の作品です。

何年か前にNHKでも松下奈緒さん主演でドラマ化されていました。

ドラマのほうは、松下奈緒さんのひたむきな桃子役の優しい佇まいが、全体に上品でどこか透明な感じを行き渡らせて、これはこれですてきなドラマだった記憶がありますが、実際の原作の短編のほうは、もっと人間くささもあって、人の肌の熱がじんわり伝わってくるようなところも、短編ならではの余韻というのか、魅力かもしれません。

その長女・桃子が一心に進んできた道の途中で、時には振り落とし、封じ込めた数々の思いが、作品の最後に衝いて出てきます。それが「胡桃の中の使はぬ部屋」。

 

胡桃というのは大変固い殻に被われていますが、割ってみると意外と隙間、空の部分があったりします。ぎゅっと身をひきしめて、それが胡桃のおいしい味になるのかもしれませんが、この空間を心の働きとしてみると、みなさんはどのように捉えられるでしょうか。

 

あなたの家にも使わない部屋、そんな部屋はありますか。畢竟、押入れだったり、或いはデッドスペースとも呼ばれたりしますが、収納にあてている方も多いでしょう。

短編の桃子さんの場合は、甘えも嫉妬もそんなものはハナからなかったとでも言うようにがんばってきた。その実には懸命に目を向けてきたけれど、薄皮一枚の外側を知らぬふりで過ごし、必死に駆け抜けた。他の登場人物たちの目前にもそれぞれ、おのずと立ち現れてくる。あるとき気づいてしまう、胡桃の部屋の存在です。

 

みなさんの胡桃の部屋はいかがでしょうか。

もしあるならば、その部屋になにをしまってきたでしょうか。またはなにかを放り込んでおいたりしたでしょうか。あえてきちんとそこに片付けてあるかもしれませんし、忘れているものもあるかもしれません。あるいはもっと前から、最初からそこにあったものでしょうか。

見つめてみたほうがよいでしょうか、そっとしておいたほうがよいでしょうか。

それぞれの世代や置かれた状況に合わせて、一人ひとり別の違った部屋の管理のしかただったり、置き方だったりになるかもしれません。

いまのあなたにとって、その部屋はどんな意味を持っているでしょうか。

こんな「使わない部屋」の感情も、カウンセリングで扱う部分にもなるかと思います。

 

今月もメールにてご予約をお待ちいたしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年明けて

年始は皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。

f:id:kanariaroom:20200114081719j:image

今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

さて、小正月あるいは旧くは女正月などという言葉もあります。年始はご家族ご親戚や友人と過ごしたり、初詣など行楽に出かけたり、一方で、食事の準備やたまった洗濯物など家事に追われたりなど、お忙しいものです。

1月半ばになりますと、そのお疲れが出ることが多々あり、賑やかに過ごせて楽しかった反面、一人の時間がやっと今になって取れて、ふと色々な感情が湧いて出たり、逆に沈んでしまったりするものです。また、普段は離れている家族や人と会うこと自体がストレスになってしまったりするケースも少なくありません。それぞれの日常にもどり、もう一度身を落ち着けて、静かに心振り返ってみる時かもしれません。

今月も、そのような振り返りの時間をお手伝いいたします。ご予約はメールにてお待ちしております。

 

師走

いよいよ12月となりました。
寒くなりましたね。
今年は皆様どのような一年だったでしょうか。この季節は、店先の装飾も華やかで行事ごとや人との行き来が増える一方、ちょっと電車やバスを待ったり、コートやマフラーを身に着ける瞬間や、寒さをよけて建物やお店の中でいっときの暖を取ったり、そんなはざまの時間にふと心も立ち止まって、一人なにかを思う・考える、そんな機会も多くなる時です。

カナリアるーむは、皆さんのちょっとした小さな振り返りの時間を大切にしたいと思っています。今月も予約制にて、メールをお待ちしております。

年末は12/26迄、年始は1/7より受付いたします。お気軽にご予約下さい。

秋風に

今年はいつになく、暑い夏から秋への切り替わりが足早く、衣替えが追いつかなかった、半袖と長袖がまだ両方一緒にタンスに入っている、という方の声も聞かれます。

季節の変わり目はいかがお過ごしでしょうか。
秋風にふと思い出すこと、振り返りたくなること、寒い冬に向けて心もなにかを支度したくなる、そんな気持ちになることもあるかもしれません。

カナリアるーむは、完全予約制で皆様のご予約をお待ちしております。

夏休み

毎日暑い日が続いております。

子ども達の水遊びの楽しそうな高い声、花火のドンドンと打ち上げられる大きな音、当ルームを併設しているおもちゃひろばでも、毎日お子さんたちがボードゲームに熱心にひざを突き合わせたり、ビー玉の転がして遊んだり、窓を開け放つことも多いせいか、夏はいちだんとにぎやかに感じられますね。

さてそんな夏休みですが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。

お子様のお相手は楽しいけれど、体力・気力を存分にお使いの大人も皆様も多いことでしょう。

ちょっと静かに、自分の気持ち、自分の今いるところを振り返ってみたい、そんなときはございませんか。

そんなときには、カナリアるーむをご利用ください。

お気軽にメールにて、ご予約随時承っております。

どんな小さなことでも結構です。

 

相談室

相談室の風景です。

おもちゃやボードゲームが豊富なお店ということで気持ちが散ってしまいがちな方のために、レースカーテンを設置しております。

座席はクライエントさんに心地よい位置でお決めいただけます。

f:id:kanariaroom:20190711130942j:plain

相談室のイメージ

f:id:kanariaroom:20190711130919j:plain

クライエントさんから見たお席の一例

f:id:kanariaroom:20190711130900j:plain

カーテンをおひきします

 

はじめまして

こんにちは。はじめまして、カナリアるーむです。

おもちゃひろば~Toys' Campusの移転オープンを機会に、このたび一部スペースを利用して、カウンセリングルームを開設することになりました。

普段は多くの子どもたちの元気な笑顔がこぼれるおもちゃひろばですが、火曜・金曜と平日の夜間は、静かに心の中をみつめられる時間として、あるいは父親・母親・社会での役割を解いた一人一人の大人ための時間として、そっとオープンいたします。

予約受付時間枠:

月曜日 19:00~21:00

火曜日 10:00~20:00

水曜日 19:00~21:00

木曜日 19:00~21:00

金曜日 10:00~20:00

(土・日・祝日はお休み)

(完全予約制)

 初回60分・2回目以降は50分面接となります

 1回毎のご予約の方は3500円

 3回チケット(前払い制)は8,000円

 面接後に現金、またはチケットにてお支払下さい。

 事前連絡なくキャンセルの場合は、料金の全額を頂戴いたします。

 

ご予約はメールにて、随時承っております。

kanariarm*gmail.com

(*を@に変更して送信してください。)

 

お名前、ご希望の日時、ご連絡先電話番号などを送信下さい。

ご連絡をいただきましたら翌日までに返信いたします。

ご希望時間に空きがない場合は、再度日程調整となります。

いずれもメールにて送受信となりますので、宜しくお願い致します。